2024年度合格実績&卒業生のメッセージ

2024年度実績

公立高校

学校名合格者数
 膳所高校3名
 彦根東高校1名
 守山高校3名
 石山高校3名
東大津高校2名
草津東高校7名
大津高校1名
学校名合格者数
玉川高校4名 
国際情報高校2名
甲西高校1名
草津高校2名
守山北高校1名
甲南高校1名
湖南農業高校1名

私立高校

学校名合格者数
光泉カトリック高校 Sコース4名
光泉カトリック高校 Aコース8名
光泉カトリック高校 Lコース8名
光泉カトリック高校 Pコース

3名

光泉カトリック高校 FRコース 2名 
比叡山高校 Crest1名
比叡山高校 Bright1名
近江兄弟社高校 アーツサイエンス

1名

滋賀短期大学付属高校 Ⅱ類1名
滋賀短期大学付属高校 Ⅰ類2名
綾羽高校5名
彦根総合高校1名
学校名合格者数
京都成章高校 TSコース1名
京都産業大学付属高校 特進コース4名
京都産業大学付属高校 進学コース2名
大谷高校 バタビアマスター1名
大谷高校 バタビアコア1名
大谷高校 インテグラル2名

平安女学院高校 立命館進学コース

1名
合格体験記(下記の体験記は「明治館レポート」という内報誌に掲載したものからの抜粋になります。)
石山高校合格 Hさん

私は小学6年生のときに明治館に入りました。あっという間の4年間でしたが、高校入試が終わった今、私が勉強の仕方について大切だと感じていることを書いてみようと思います。

 

まず何と言っても大切なのは「宿題を形だけで終わらせない」ということです。

言い換えると「自分で解けるところまでやる」を意識することです。もちろん、そうしなければM‐テストになかなか合格できないというのもありました笑。だからこそ、M‐テに受かると、ちゃんと力が付いたことを実感できると思います!

 

 私が宿題をやるとき、M‐テに合格するために意識したことは次のようなことです。

 

まずは「覚える」ということに関してです。実は社会や理科などの暗記には注意が必要です。例えば歴史の入試問題では、時の流れを理解していなければ解けない問題がたくさん出てきます。私は中2まで語句ばかり覚えようとしていましたが、今考えると全く流れを理解しておらず、後から克服するのにとても苦労してしまいました。たとえ暗記科目と言われる科目であっても、語句の意味をしっかり理解しながら覚えるようにしていくことは本当に大切です。それに、流れや意味が整理できれば頭にもずっと残りやすくなりますよ!

また、模試や入試の過去問をたくさん解くようになると、社会や理科では新しく発見することが無限に出てきます()。そのような新しく発見したことはどんどんテキストに書き込んでいくのがおすすめです!自分で考えて書いたことは覚えられます笑

 

次に「質問する」ということに関してです。先生からもよく「質問に来るように」と言われると思います。実際に質問に行くと丁寧に教えて下さるのでとてもよく分かります。でも、ここで終わらせてはいけません。それは実は「分かったつもり」の状態になっているだけなので、「もう一度自分で解く」までをセットにしましょう。意外とできなかったり、詰まったりするのが分かります。そこをもう一度理解し直せば今度こそ完ぺきです!せっかく質問に行くなら、そこまでやらないともったいないですよ。

この質問に行くというのは本当に大切です。まだなかなか質問に行くことができていない人は、ぜひ行くクセをつけてほしいと思います。授業前などは先生も忙しくされているように見えますが()、何とか答えようとしてくださいます。疑問をクリアーにしてから授業に臨むことで、その日の授業への気持ちと理解度が変わってきますよ!

 

 

 M‐テストを頑張る以外でおすすめなのは、「自習室に来る」ということです。

私は中12のときはテスト週間のみ自習室に来て勉強していました。自習室はみんな真剣に勉強しているので自然と頑張れるし、分からないことはすぐに先生に質問できるのでいいことばかりです。

 特に3年生になると、たくさんの仲間たちが自習室にきて勉強をするので、とても刺激を受けることができます。仲間の勉強しているところを見て、「あの子よりも頑張る!」とやる気になったり、「今日は○○時間明治館にいた!」と充実感を感じることもできますよ!

 また明治館の仲間と過ごす時間が長くなることで、近況を報告しあっていっしょに焦ったり喜んだりと、楽しく受験生生活を過ごすことができたと思っています。

 

 

そして最後に「行事やイベント、遊びは全力で楽しむ」ということも大切だと思います。

受験生は一生懸命勉強しなくちゃいけない、というイメージを持っている人も多いかもしれません。ですが、ずっと張りつめていては集中力も持たないし、適度に遊ぶことは必要です。

明治館の夏にある「冒険合宿」は、中3の夏の最大の息抜きでした。仲間と更に仲良くなれて、それがその後の勉強も一緒に頑張ることつながったし、日常では体験できないことをたくさん楽しめます!他にも祭りや花火大会、授業終わりにみんなでお寿司に行ったりと適度にリフレッシュすることで、また頑張ろうと思えたりしました。

 

 後輩の皆さん、1年間は長いようであっという間です。私の体験が少しでも皆さんの参考になればうれしいです。応援しています。

 

国際情報高校合格 Tさん

私は中学2年生から明治館に入りました。最初は少し緊張していましたが、たくさんの人が優しく声をかけてくれたり、先生方も気にして下さったりしてすぐに緊張が解けました。そこから一気に馴染んでいきました笑。

 

 中31年間は特に思い出深いです。

 夏休みには血もにじむような()勉強量をこなした後、冒険合宿に行きました。合宿では勉強は一切せずに、普段は体験できないような自然の中での遊びや、めちゃくちゃ怖かったけど頑張って参加した肝試しなど、すごい思い出がたくさんできました。また、友だちとも普段とは違う会話や関わり方ができて一気に仲を深めることができて、この関係がその後の受験勉強の大きな助けになりました。

私は明治館の「勉強やるときはやって、遊ぶときは遊ぶ」という切り換えと、何事にも全力で取り組む姿勢が素敵だなあと思います。

 

 そして、月日はあっという間に流れ、私は12月に第一志望の高校に推薦をもらうことができました。推薦をもらうために良い成績を取ろうと勉強に励んできたので、もらえたときはとてもうれしかったです。推薦が決まった後は、推薦の勉強(作文と面接)のみに集中しようかと迷いました。しかし、先生に相談してみると、「この先最後まで頑張ってやり切る力は必ず必要になる」と聞き、私は推薦の勉強と平行して5教科の勉強も最後まで、合格が決まるまで頑張ろうと思えました。

そこからは授業やM‐テスト、面接の練習や自習などやることはたくさんありましたが、全て最後までやり切ることができ、無事に合格できました!

 

 この合格は、私の力だけでなく、明治館で出会った友達や、とっても忙しいはずなのに少しでも多く生徒たちに時間を割いて下さった先生方の支えがあったからこそだと思います。正直、私は明治館でなければ、推薦が決まった時点で勉強をやめていたと思います。でも私はまだこの中でみんなと勉強したいと思ったので残る決断をしました。合格できた今でもこの先もずっと明治館に入ってよかったと本当に思っています!!

 

 私は実は受験生になるまでは、受験勉強が本当に怖くて嫌でした。

ですが、いざ中3になってみると思っていたのは違って、いつの間にか勉強が楽しいと思えるようになり、当たり前のように自習室へ行き、自分から進んで取り組めるようになりました。わからないところは先生に聞いてみるといつもわかりやすく説明してくれてすぐに解決でき、「わかる!」が増えていくことが楽しかったです!本当にあっという間の受験生でした。

 

 

今まで色々なことがありましたが、全てが思い出です!!楽しかったです!!