2017年度合格実績&卒業生のメッセージ

2017年度実績

県立高校

滋賀県内
学校名 合格者数
膳所高校 2名
彦根東高校 1名
守山高校 3名
草津東高校 4名
玉川高校 5名
草津高校 4名
国際情報高校 1名
 
県外
学校名合格者数
舞鶴高専2名
宇部高専1名

 

私立高校

滋賀県
学校名合格者数
立命館守山高校 アカデメイア1名
光泉高校 Ⅲ類8名
光泉高校 Ⅱ類3名
光泉高校 Ⅰ類2名
比叡山高校 Ⅱ類2名
近江兄弟社高校 アーツサイエンス1名
滋賀短期大学附属高校 Ⅱ類2名
滋賀短期大学附属高校 Ⅰ類1名
滋賀短期大学附属高校 人間総合1名

 

京都府
学校名合格者数
同志社高校1名
東山高校 パスカル5名
京都産業大学附属高等学校 特進2名
大谷高校 バタビア1名
大谷高校 インテグラル1名
龍谷大学附属平安高校 特進1名
龍谷大学附属平安高校 プログレス1名
聖母学園高校1名

大学

国立
学校名合格者数
滋賀大学1名
私立
学校名合格者数
同志社大学4名
立命館大学6名
関西大学1名
龍谷大学3名
近畿大学2名
同志社女子大学1名
大阪電気通信大学1名
合格体験記(下記の体験記は「明治館レポート」という内報誌に掲載したものからの抜粋になります。)
彦根東高校合格 Nくん

 僕は中学ではクラブチームに所属し、ずっと野球に熱中してきましたが、中3になったとき、「高校では彦根東で野球がしたい!」と思うようになりました。しかし肝心の学力が全然足りてなかったので、何とかしなければと思って明治館に入りました。その頃はたぶん誰も僕が彦根東を受けることを信じてなかったはずです(笑)。

 かなり大きな目標でしたが、そうやって自分を追い込むことで、行動に移すことができました。例えば宿題以外にも、先生に課題をたくさん出していただき、弱点をどんどん消していくことを目指したので、その結果質の良い勉強ができたのかなと思います。

記事の続きを読む

 「気持ちが大事」ということに関しては、これから受験生になる後輩の皆さんには特に分かってほしいことです。

 今振り返り思うのは、受験とは「周りとの勝負」というよりは「自分との勝負」だということです。周りを意識することももちろん大切なことですが、それ以上に「手を抜きたい」「今日はゆっくりしたい」などの弱い自分の気持ちに勝つことが一番大変です。でも、それができれば、勉強に限らずどんな困難にも立ち向かう力を付けることができると思います。

 

 また、同時に「諦めない」気持ちも大切です。僕が明治館に入って最初に受けた8月の学力テストは、彦根東の判定はもちろんE判定中のE判定でした(笑)。1月ごろには、判定がAになると勝手に思っていましたが、判定はBで、しかもCに近いBでした。もちろん、以前の自分とは比べ物にならないくらい伸びましたが、まだ十分学力が足りているというわけではありませんでした。それでもやっぱり諦めようとは思えませんでした。そして・・・入試まであと3日となったときのサクセスロードで、やっと納得のいく点数をとることができました。諦めずによかった!と思い、本番の自信にもなりました。

 ですから、皆さんも「今」解くことのできない問題がたくさんあっても過度に気にすることはありません。入試で解くことができればそれでいいのです。そう思って、授業で習ったことをひとつずつ頭に入れていって下さい。その積み重ねが大きなものになります。

 

 ちなみに、僕は勉強に才能は関係ないと思います。やったらやった分だけの実力がついていくからです。僕は、周りの人に「もともと賢い頭やからいいね。」と言われたことがありますが、もともと賢い頭の人なんて、いないと思います。頑張らないで賢くなることなんてありえません。

勉強は楽ではないと思いますが、自分のためだと思ってがんばれば、必ず返ってくると思います。才能なんて関係ない!と断言します。

 

 次に、反省点も書いておきます。

 僕は夏休みから受験勉強をはじめましたが、それまでにろくに勉強をしていなかったので、5科の宿題に加えて自習課題をこなすのは、想像を絶する大変さでした。とにかく時間が足りなくて、毎日夜遅くまで勉強していました。

 ですので、やはり中1、中2のときからコツコツ勉強するほうが絶対良いと思います。中1・中2の皆さんはせっかく受けている明治館の授業を無駄にしないように頑張って下さいね!中3に後回しにせず、先にやっておくほうが絶対にあとあと楽です。

 

 少し話が変わりますが、僕は明治館での受験勉強を通して感謝するということを学べました。

 例えば、塾に行くためにはお金が必要です。では、なぜみなさんは、塾に行くことができるのですか?なぜならみなさんのお父さんやお母さんが、一所懸命に働いておられるからです。

 中には、塾に行きたくても行けない人がいます。塾に行くことはあたりまえではないのです。塾での時間を無駄にしないようにこころがけてください。みなさんは気づいていないかもしれませんが、たくさんの人があなたを応援しています。

 

 最後に、僕は明治館に入って本当によかったと思います。明治館では勉強のことだけでなくたくさんのことを教えてもらいました。このような塾はないと思います。僕は明治館に入って礼儀正しくなったと感じています。あいさつをすること、目上の人に敬語を使うこと、これらは当たり前にすることは難しいと思います。しかし明治館で当たり前にすることができました。

 ほかにも人によって態度をかえないこと、世の中は自分が中心ではないので人の都合にあわせることが大切だということを知ることができ、明治館で学んだことは社会にでたときに役立つと思います。

 呼出しや、居残りなどしてもらえることは先生たちがみなさんに期待をされている証です。こんなにも熱心に指導してくださる先生方がいるのも明治館だけだと思います!!

 

 志望校に合格することは僕が今まで経験したなかで1番うれしかったです!!!!!

 未来はみなさんの努力で決まります。頑張って下さい!!

記事をたたむ

膳所高校合格 Oさん

 私は、小学6年生の時に明治館に入りました。理由は、周りの友達がみんな明治館に通っていたから、というとても単純なものでした(笑)。

 そして中学に入ると、私の負けず嫌いな性格が本領発揮し始めました(笑)。英語や社会で先生から「結果をランキングにして貼りだす」と聞けば「絶対一位になってやる!」と競争心を燃やして、ひたすらMテストでも満点を取れるように準備をしました。

 定期テストでも、誰よりも高い点数を取りたいと思い、授業に加えて自主的にマル秘プリント(※学校別の定期テスト対策プリント)をときまくったりなど、テスト対策をできるだけやるようにしていました。

記事の続きを読む

 そうして、ランキングで上位になったり、定期テストで良い点数を取ったりしていくうちに、努力することに楽しみを覚えていきました。また中1、中2で頑張っていたおかげで、3年になって内申点の面で心配することはなかったのは、今考えると大きいことだと思います。

 そして、中1のころからテスト週間は自習室で勉強するようにしていたことで、3年になってからの自習や自習室での受験勉強に抵抗がなくなっていました。中1、中2のみなさんも、今のうちに自習室で宿題をするなどして、体を慣らしておくと良いですよ!

 

 中3になるといよいよ本格的に受験勉強が始まりましたが、私は夏の時点で「時間が足りない」と焦っていたので、「夏は周りよりも頑張ろう…」と密かに心に決めて臨みました。

 夏期講習は、朝から約2時間の自習があり、その後2本の授業があるので、ほぼ一日中明治館で過ごすことに(笑)。朝自習では午後の授業のMテストの勉強に加え、塾長に薦めていただいた数学のテキストを解いていき、数学を伸ばすことを心がけました。

 あとは、私は社会が大の苦手でしたので、夏は歴史の暗記に特に力を入れるつもりでした。橋爪先生と塾長に相談すると、「メキメキ(※メキメキ合格ノートという参考書のことです)が良いよ」と聞いてすぐに買いに行き、ガンガン暗記していきました。これから受験生になる皆さんも、自習のテキストは自分で選ばす、必ず先生に相談しましょう。適切なものを選んでいただけます!

 そして、そうやって来る日も来る日もひたすら明治館に行き頑張ったおかげで、夏の間に偏差値を5上げることができました!なんとなく志望校の欄に書いていた膳所高校もD判定からB判定に上がり、自信がつき、本気で膳所高校を目指そうと決心しました。

 

 冬はあっという間に来ました。私は物覚えが悪く、すぐに忘れてしまうことが多かったのですが、直前期に覚えたことは忘れにくいはずだと思って、冬休みからは特に暗記に多くの時間を使いました。(学校の休み時間やお風呂につかっている時間や寝る前も社会の暗記をしました。)

 またたく間に私立と特色選抜が終って、さあこれから膳所にむけて頑張ろうと再度気合いを入れ、いつものように自習に励んでいると、いつの間にか意識を失っている(寝おちしている)、頭痛に襲われる、まったく集中できない・・・。授業でもそんな症状が続き、体に限界を感じて、先生に相談して、一旦休憩することにしました。原因は疲労の蓄積だったのだと思います。こんなことになるとは思っていませんでした。ですからみなさん適度な休憩はとってください!!勉強でも、よいパフォーマンスを発揮するためには健康第一です。

 結局体調は一般入試までに完全復活はしませんでしたが、今まで頑張ってきた自分を信じて臨みました。もう、終わった時は解放感にあふれ、自分お疲れさまって感じでした。最後まで粘って試験を無事に受けることができたので、合格でも不合格でもどちらでもよいという感じでした。

 

 合格発表の日・・・自分の番号を見つけた時は自分の目を疑いました。最後の三週間は体調不良でほとんど勉強できてなかったけど膳所高校に合格できたのは中1からの努力が報われたからだと思います。もし皆さんも受験前に体調が悪いなどのトラブルがあったとしても、普段から努力していればきっと神様は味方してくれると思いますよ!

 

 受験を終え、私は両親と明治館の先生方にものすごく感謝しています。

 

 小6から塾に通わせてくれて、受験生になってからは毎日車で送迎してくれ、私の体調を気にかけてくれていたお父さんとお母さん。たくさん協力してくれてありがとう!

 

 明治館の先生方、相談にのってくださったり、勉強面でも精神面でも全力でサポートしてくださり、本当にありがとうございました。明治館に通っていて良かったと心の底から思います。

 後輩のみなさん、先生たちは毎回毎回私たちの為に授業のプランや、宿題や、補習ですることなどを時間をかけて考えてくれています。どんな質問にもていねいに答えてくれます。そして、想像しにくいことかもしれませんが、授業を受ける側よりも授業をする側のほうが大変なことだと私は思います。先生たちがここまでしてくれているのに、私たちが宿題を中途半端にやってきたり、Mテストで情けない点数をとってしまうことは、とても申し訳ないことですし、ガッカリさせてしまうと思います。私はそう思ったりもするので、これからもしっかり取り組んでいきたいし、みなさんにもそうしてほしいです。まあ勉強するのは自分のためですけどネ。

 

 最後に、後輩のみなさんにイチバン伝えたいことは、努力すること自体が大事だということです。

 私も模試の結果が思うようにいかなくて悩んだ時期もありましたが、そこで踏ん張って頑張りました。努力して掴み取った合格に本当の価値があるのだと私は思います。中途半端に努力して合格したとしても、それほど嬉しくなれないし喜べないと思います。これから受験を迎えるみなさんも、合格したときに心の底から喜べるように、頑張ってください!!

 人生で一度しかない高校受験、全国の中3にこれまでの頑張りを発揮するチャンスが与えられます。頑張らないともったいないですよ!頑張った人にしか得られないものがあると思います。思い出に残る受験生活を送ってください。応援しています!!

記事をたたむ