2016年度合格実績&卒業生のメッセージ

2016年度実績

県立高校

学校名合格者数
膳所高校3名
彦根東高校1名
岐阜高専1名
守山高校3名
石山高校1名
東大津高校2名
草津東高校6名
学校名 合格者数
大津高校1名
玉川高校1名
草津高校3名
栗東高校1名
国際情報高校2名
大津商業高校1名
湖南農業高校1名

私立高校

滋賀県内
学校名合格者数
立命館守山高校 アカデメイア2名
光泉高校 Ⅲ類7名
光泉高校 Ⅱ類10名
光泉高校 Ⅰ類3名
近江兄弟社高校 プロミネント1名
近江兄弟社高校 グローバル4名
近江兄弟社高校 ICC1名
比叡山高校 Ⅱ類2名
滋賀短期大学附属高校 Ⅱ類1名
綾羽高校3名
県外
学校名 合格者数
関西大学第一高校 1名
東山高校 パスカル 2名
東山高校 スーペリア 3名
東山高校 クレセント 3名
京都産業大学附属高校 特進 2名
龍大附属平安高校 特進 1名
龍大附属平安高校 プログレス 2名
大谷高校 バタビアコア 3名
京都明徳高校 1名

大学

国立
学校名合格者数
大阪大学1名
兵庫県立大学1名
京都芸術大学1名
滋賀県立総合保健専門学校1名

 

私立
学校名合格者数
同志社大学4名
立命館大学8名
関西大学1名
龍谷大学5名
京都産業大学1名
佛教大学6名
同志社女子大学2名
京都女子大学1名
関西外国語大学1名
京都外国語大学1名
大阪工業大学1名
摂南大学1名
光華女子大学1名
大津赤十字専門学校2名
滋賀県済生会看護専門学校1名
合格体験記(下記の体験記は「明治館レポート」という内報誌に掲載したものからの抜粋になります。)
守山高校合格 Tさん

私が明治館に入ったきっかけは、中1後半に、それまでぼ~っと毎日を過ごしていたせいで、簡単にテストでいい点を取れなくなったことです。入塾して初めて迎えた内申UPでは、課題もあるのに授業も増え、すごく大変でした。しかし、その分ぐんと上がったテストの点数には調子に乗らざるを得ませんでした。フ~~!!

1 1


そうこうしていくうちに、あっという間に迎えた中3の授業。私が特に手こずったのは社会と理科です。
3年の授業の初めに塾長は、「絶対全員が偏差値65は越えるから心配無用!楽しくいこうぜ♪」とか目を輝かせて言っていましたが、その時は「なに夢みたいなこと言ってるんだ…」くらいにしか考えていませんでした(本当にごめんなさい!笑)。なぜなら私は、社会が特に大嫌いで、それまでテスト前だけ頑張ってテストが終わればその知識はさようなら~♪を繰り返してきたからです。知っている歴史の年号は、794年の「鳴くよウグイス平安京」くらいでした。1年生、2年生の皆さんは決して私のようにさようなら~♪しないでくださいね。3年で吐くほど後悔します(笑)。
あと、社会に限らずですが、分からなくなってから授業をとるのではなく、それよりも早い段階で始めてみんなと差をつける方が、学力はもちろん、心にもゆとりが出来るので安心できると思います。今更ながら早く始めてればもっと楽だったのに…と思います。

そんな私が勉強を本気で始めたきっかけは、悲惨な点数の確認テストを見たときの塾長の悲しそうな目に、「あ、これってヤバいんだ」と実感したことです。お叱りの言葉もなく、淡々と期待をかけてくる塾長の様子は逆に恐怖でした(笑)。
これで「勉強しよう!」とやる気になったのはいいものの、なにをしていいかわからず、塾長と愉快な仲間達に相談すると、的確にアドバイスしてくださりました。最初からこうすればよかった♪
そして!!あんなに悲しかった私の社会の偏差値はメキメキ上昇し、何と70を越えることができました!これが自信につながり、受験勉強中の私の支えになりました。

夏期講習は確かにキツかったし、最初のほうは今すぐどこか田舎に逃げ出したい気持ちいっぱいでしたが、一度その波に乗ってしまうと楽しいもんでした。
計らずとも(?)その田舎には冒険合宿で行けました(笑)。BBQ美味しいし川&海遊び楽しいし、ご飯美味しいし、肝試しは腐るほど怖いし、夜はいっぱい話そうと思ってたのにみんな寝るし、寝坊して集合5分前に起きて遅刻ギリギリだし、色んな意味で夢のようなひとときでした(笑)。
受験生の皆さんは特にいいリフレッシュになります。ぜひぜひ!参加をおススメします。

『サクセスロード』(※中3向け入試対策講座)は、「あ~これなんだったっけ~…」みたいな、単に苦手なところだけでなく、記憶が浅かったり、抜けかけているところを手っ取り早くかつ確実に見つけられて便利でした。そして翌日の解説でそのポイントを復習でき、その後の自習で頭に詰めれたので、効率よすぎでした。

2学期は自習を頑張りました!苦手な理科をする日と公民をする日は、心強いチューターさんがいる自習室を特に積極的に利用しました。自習のメリットは、先生がいること、誘惑がないことだけでなく、周りに知らない人がいる中での勉強に慣れることもあると思うので、受験を控えている皆さんには是非自習をお勧めします。

本当にあっという間に時間がすぎ、気づけば特色が終わりましたが、それから後は鬼長かったです。勉強するにしても受かってるかもな?という期待から集中できないし、一旦特色忘れて勉強しようと思っても思いだしてそわそわするし・・・「引き寄せの法則!!」なんていいながら何度も合格通知を渡される場面を想像しました(笑)。

思いつくままに書いてしまいましたが、これが後輩の皆さんの役に立てばうれしいです。ではでは、皆さんも楽しい明治館中学部ライフを送って下さい♪

1 1

同志社大学 経済学部合格 Aくん

僕が明治館に入ったのは小学6年生になる前の春でした。その頃は特に何も考えておらず気楽で幸せな日々だったような気がします(笑)。

1 1


中学になると学校も明治館も急に忙しくなり驚きました。特に明治館の宿題はなかなかボリュームがありましたが、「やらなきゃしかられる・・・」と思い、必死で終わらせていました(笑)。ただ、もちろんその分しっかり力はついたので、真面目にやってよかったと思っています。そうでもなければサボりまくっていたと思いますので。そして、この時頑張れたという自信が、大学入試の受験勉強の時にも落ち着きを与えてくれたとも思っています。

高校に入ってからは、中学の時よりも更に日常生活が忙しくなりました。部活で疲れると勉強する気力もなかなか起きず、正直高1の時なんかはあまり勉強時間を確保できていませんでした。ただ、先生から「忙しいのは分かるけど、これだけは今やっておけ」と言われていたことだけは、なぜか(?)素直にこなしていました。

高1高2はあっと言う間に終わっていき、僕が同志社大学を目指して勉強することを決意したのは高3の春頃でした。ただ、その時の状況は、センター英語が4割くらい、政治・経済は高2から授業を取っていたけれど、模試の科目に入っていなかったのでイマイチ実力が分からない、国語は大嫌いでそれまでほぼ勉強したことがない、というなかなか厳しい状況でした。正直、「こんなレベルで同志社を目指していいのか!?」という不安もあり、志望校の設定を高くしすぎた気もしたけれど、やればできるはずという気持ちと、そしてそのための努力は惜しまないという覚悟みたいなものがありました。周りの友だちはたぶん、僕が合格するとは本気では思っていなかったので、合格して、びっくりさせてやろうという楽しみな気持ちもありました(笑)。

そして迎えた高3の模試では・・・蓋をあけてみると何と政経の偏差値が60を越えていました!私大は3科目入試(文系は英語・国語・社会)なので、そのうちの1科目が得意になるとトータルもすごく安定します。高2の時に先生のアドバイスに従って、「政経」を受講していたのが功を奏しました。2年生から社会の勉強をしていく人はあまりいませんでしたが、「やっておけば3年になったときに絶対楽になるから!」と言っていた先生は、このことを見越していたのだと思います。この選択は今振り返っても合否の大きな分岐点でした。

英語に関しても、徐々に、確実に実力が伸びていくのが実感できました。これは、高1高2の時に「これだけはやっておけ」と言われてきたこと(例えば「アクティブ英単語」や「スクランブル」という文法書)をやってきたので、土台が最低限できていたからでした。やっておいてよかったと思いました。おかげで高3では解釈や長文にじっくり取り組むことができました。同志社だと、英語はほとんど長文だということで、先生には長文の読み方を徹底的に叩きこんで頂きました。自習でも英語をするときはどうやったら長文を読む精度が高くなるのかなど考えながら取り組みました。

そんな感じでやっていたら、夏前にはE判定の連発だった模試が、秋頃にはC判定まで上がってきました。先生からは「C判定であれば何回か受験すれば通る」と言われていたので、かなり合格が現実的になってきているのを実感しました。最終的には英語はセンター形式の問題で8割くらいは超えるようになり、同志社に十分通用するくらいの力は付いていたと思います。

後輩の皆さんへ
高校生は忙しく、内容も中学に比べて格段に難しいので大変だと思います。(実際僕も赤点ギリギリの科目もありました。)
でも、焦らなくても大丈夫。落ち着いて取り組んでください。受験に向けてやらなければいけないこと絞り、コツコツやっていけば何とかなります。逆に言えば、高1高2の間にやることを先生と相談してしっかり決めて取り組むことがとても大切です。頑張って下さい。やれば必ず結果はついてきます!

1 1